23時の雑記帳

清水宏、エルンスト・ルビッチ、深川栄洋、ビリー・ワイルダー、高峰秀子、シドニー・ルメット、渥美清、小池一夫、東野圭吾、サイバーフォーミュラ、五所平之助、エースをねらえ!小津安二郎 etc

タグ:高杉早苗

本日は、佐分利信の命日。 (1909年2月12日-1982年9月22日) ということで『家族会議』を鑑賞した。 株の仕手戦でドロドロ、ボロボロ、人命まで失われるという、いったいこれのどこが「家族会議」なの?という映画。 それでも見直してみると、やはり島津保次郎監督ならではの ...

本日は映画監督・佐々木康の命日。(1993年9月13日没) ということで『螢の光』(1938)を観賞した。 高杉早苗が実に良い。高峰三枝子にひけをとらない存在感。 この二人がダブル主役。卒業間近の女子高生を演じている。 高峰[三枝]子の役名 = 三枝(みつえ) 高杉[早苗]の役名 = ...

職を探しながら小説家を目指している佐野周二。 女給をして彼をかいがいしく支える高杉早苗。 二人はアパートで同棲している。 この頃は「アパート」なるものが新鮮だったようで、佐野の妹役の高峰三枝子が偵察がてら見学にやってくる。 ぎろっ、ぎろっと部屋の中をチェック ...

オープニングで子どもたちが空き地で遊んでいたり、ほのぼのとした雰囲気で始まるのでホームコメディかと見誤ってしまった。 さらにタイトルが『東京の英雄』ときているので、『花形選手』か『大学の若旦那』のノリを期待された方も多かったことと思う。 フタを開けてみる ...

さすがは清水宏監督。 テンポがよく、まったく飽きさせない。 何かと対照的な2組の夫婦が主人公。 冷徹といってもよいほどにクールな生方修三(佐分利信)は、出世のためなら簡単に恋人を捨てられるような男。 生方と正反対の性格なのが辻一郎(上原謙)。 S極とN極が引き合う ...

↑このページのトップヘ