23時の雑記帳

清水宏、エルンスト・ルビッチ、深川栄洋、ビリー・ワイルダー、高峰秀子、シドニー・ルメット、渥美清、小池一夫、東野圭吾、サイバーフォーミュラ、五所平之助、エースをねらえ!小津安二郎 etc

カテゴリ:英語

1回目の結果が515点。 次のテストまでは約2カ月しかない。 1回目の大失敗は、全200問中35問が手つかずのまま、タイムアップをむかえたこと。 TOEICテストは時間との闘いだと、どの参考書にも書いてある。 なにしろ120分間で200問解かなければならない。 前半のリスニング・ ...

会場は某国立大学。 教室に入ってまず驚いたのが、黒板とチョークに出会えたこと。 いまどきの大学教授はイーサン・ハントみたいに、空間にいきなり画面を描き出し、あっちをスリスリ、こっちをクイクイやりながら授業を進めているものだとばかり思っていた……というのは冗談 ...

対談本。 松本氏が斬り込んでいき、渡部氏が正面から受けて立つといった、気合いが入りまくりの一冊。 もともと松本氏の著作を、渡部氏が新聞紙上で一部批判したことがお二方の交友関係の始まりという。 英語を勉強するのに「気魄」という言葉が飛び出てくるところが松本氏ら ...

もうすぐリアル“翻訳こんにゃく"ができるだろうから、英語は勉強しなくても大丈夫、と思っていたが、待てど暮らせど…。 いつの間にかひとりガラパゴス状態。 完全に時代に取り残されてしまった。 著者の村上憲郎氏がツイートしてくださっている最先端情報も、大部分が英語記事なので、指をくわえて見送るばかり。ああ、情けない。 村上憲郎(@noriomurakami)さん | Twitter こうなったら村上氏の 「誰でも、どこにいても、努力すれば、勉強すればいくらでも伸ばせる」 という言葉にすがるしかない。 洋画を日本語字幕無しで理解できるようになるまで頑張ります! もう遅いなんてことは、絶対に、ない! ...

英会話学校に行かない人ほど、うまくなる 著者は、この方です。 「1日30分」を続けなさい 古市幸雄 今日、紹介する本も負けず劣らず モチベーションをあげてくれます。 「ラクして身につく」 なんていう虫のいい話などないってことですね。 こちらのブログで音声ファイ ...

↑このページのトップヘ