23時の雑記帳

清水宏、エルンスト・ルビッチ、深川栄洋、ビリー・ワイルダー、高峰秀子、シドニー・ルメット、渥美清、小池一夫、東野圭吾、サイバーフォーミュラ、五所平之助、エースをねらえ!小津安二郎 etc

カテゴリ:監督別 - や行

今日、3月16日は笠智衆の命日。 笠 智衆(りゅう ちしゅう、1904年(明治37年)5月13日 - 1993年(平成5年)3月16日)は、日本の俳優。※ Wikipediaより引用 往年の名優を偲んで『男はつらいよ』を鑑賞させていただいた。 マドンナ = 後藤久美子 ゲスト = 夏木マリ 寺尾聰 宮崎美 ...

マドンナ = 後藤久美子 ゲスト = 檀ふみ、夏木マリ、尾藤イサオ (ネタバレしています) 本作の助演男優賞は笹野高史で決まりだ。 寅さんシリーズ…いや、日本映画の「爆笑」名場面ベスト3に入るかというほどの出来映え。 これが観られただけで充分に元は取れた。 しかし全 ...

のび太がペコという小さな野良犬を拾ったことがきっかけで、とてつもない大魔境に放り込まれてしまう、というお話。 原作はもちろん藤子・F・不二雄先生。 「大長編ドラえもん (Vol.3) のび太の大魔境 (てんとう虫コミックス)」 どしゃ降りの夜の街をずぶ濡れになりながら、 ...

マドンナ = 栗原小巻 ゲスト = 川谷拓三 これは入魂の一作。 冒頭の夢シーンから気合い入りまくり。 日本人初の宇宙飛行士に大抜擢された寅さん。 宇宙服なのに雪駄を履いているという(笑)。 オシッコをちびったところで現実に引き戻される。 柴又では、タコ社長(太宰久 ...

マドンナ = 樋口可南子 ゲスト = 平田満、初井言榮 寅さん関連本をざっと見てみたが、本作について言及しているものは見つけられなかった。 それはそうかも知れない。 どうも脚本がうまくないようだ。 そんな中で、平田満の熱演が光っている。 もう一人のゲスト、初井言榮 ...

マドンナ = 大原麗子 ゲスト = 米倉斉加年 風見章子 津島恵子 辰巳柳太郎 OPは怪獣映画のパロディ。 「ゴジラが現われました!」などと、ライバル映画会社のドル箱スターの名を臆面もなく口にするところに、山田洋次の卓抜したギャグセンスを感じる。 公開当時、劇場では大爆 ...

本日11月7日は映画監督、吉村公三郎の命日(1911-2000)。 ということで『開戦の前夜』を観てみた。 タイトルからも分かるとおり、戦意高揚映画なのだけれど、これがめっぽう面白い。 主演の上原謙が、やさ男のイメージをくつがえす好演を魅せてくれる。 そして何より特筆す ...

ときにはディズニー風、ときにはSF風、大人から子どもまで楽しめる造りになっている。 が、いかんせん歌と踊りが凡庸。 本作の前年に創られたシネ・オペレッタ『鴛鴦(おしどり)歌合戦』(監督=マキノ正博)の完成度には遠く及ばない。 歌も踊りも笑いも、とちょっと欲張りすぎ ...

明日は山中貞雄(1909〜1938)の命日ということで『河内山宗春』を観てみた。 音声が聞き取りづらいが、DVDは字幕付き。 親切設計がうれしい。 スポンスポンと話が転がっていくのが気持ちよい。 だが軽快なテンポとはうらはらに、出てくる人物がどうも…。 騙り、ゆすり、ウ ...

妻の親友と良人(おっと)が不倫…というのは実際よくありそう。 このいかにも危うい二人を、高峰秀子と清川虹子が「猫にカツオ節」に例えている。 うーん、うまいこと言う。 せっかくの肉親からのご忠告を、正妻(…考えてみたらすごい言葉だ)である千葉早智子は笑って取り合 ...

↑このページのトップヘ