23時の雑記帳

清水宏、エルンスト・ルビッチ、深川栄洋、ビリー・ワイルダー、高峰秀子、シドニー・ルメット、渥美清、小池一夫、東野圭吾、サイバーフォーミュラ、五所平之助、エースをねらえ!小津安二郎 etc

カテゴリ:監督別 - あいうえお順

大人でもじゅうぶん楽しめるどころか、世界に通用するレベルと思う。 始めから終わりまでまったく飽きさせない。 コナンが凡庸な大人たちを見下すシーンは、見ていて気分の良いものではないが、これもキャラクター。いまさら言っても仕方がない。 次回作が届くのが、今から待 ...

エイリアン いきなり出てきて こんにちは 。。。さすがはリドリー・スコット監督。なかなか楽しかった。 画面が暗いのと、知っている役者さんがいなかったのとで、人物が見分けづらいかも。 エイリアンって、外見がグロテスクなだけで、行動倫理は明快だし、爽やかすぎるくら ...

予告編が良かったので観てみた。 1970年代という設定らしいが、その感じが伝わってこない。 それと他の映画(『カッコーの巣の上で』)のネタばらしをするのは、道義に反していないか。 エル・ファニングが良かった。 友達の男の子に「タバコを吸いながらカッコ良く歩く方法」 ...

マンガだと割り切れば、かなり楽しめる。 「THE MOVIE」とタイトルに付いているということは、もともとTVシリーズなのだろう。 テレビがないので分からない。 YouTuberネタなどが、うまく組み込まれているのには感心させられた。 オススメしづらい作品だが、あくまでも「狙 ...

これは私の中で大傑作。 10年くらい前、CSで初めて観て以来、5回以上観たと思う。 最近、VHSビデオテープを整理していたらこれが出て来て、久々に観たらやっぱりすごく良い。 主演の陣内孝則が演じる片山という刑事は、女性恐怖症という設定。 さらに高いところがダメ、血を ...

本日は、佐分利信の命日。 (1909年2月12日-1982年9月22日) ということで『家族会議』を鑑賞した。 株の仕手戦でドロドロ、ボロボロ、人命まで失われるという、いったいこれのどこが「家族会議」なの?という映画。 それでも見直してみると、やはり島津保次郎監督ならではの ...

本日は映画監督・佐々木康の命日。(1993年9月13日没) ということで『螢の光』(1938)を観賞した。 高杉早苗が実に良い。高峰三枝子にひけをとらない存在感。 この二人がダブル主役。卒業間近の女子高生を演じている。 高峰[三枝]子の役名 = 三枝(みつえ) 高杉[早苗]の役名 = ...

本日、9月12日は俳優・日守新一の命日。 ということで『浅草の灯』を観賞したが、日守氏ちょこっとしか出ておらず残念。 『浅草の灯』は島津保次郎監督にしては珍しく、ちょっと暗い。 GHQの検閲により27分も切られたからか。 とにかくあらすじを追ってみる。 (以下、ネタバ ...

昨日、2016年9月7日は山口淑子さんの三回忌。 ということで山口さんが李香蘭名義で主演された『サヨンの瞳』を観賞した。 太平洋戦争当時、日本の支配下にあった台湾の人々が、召集令状を受け取って、よろこんで日本のために戦地に赴く、という馬鹿げたというか、ありえない ...

言わずと知れた恋愛映画の大傑作。 今回、ブルーレイで見直してみた。 映像が鮮明。ちょっとDVDに戻れないかも。やばい。 監督と脚本家のコメンタリで初めて知ったのだが、シナリオを19回書き直したそうだ。 名作には人知れぬ苦労があるのだなあ。 驚いたのは、ウーピー・ゴ ...

↑このページのトップヘ