23時の雑記帳

清水宏、エルンスト・ルビッチ、深川栄洋、ビリー・ワイルダー、高峰秀子、シドニー・ルメット、渥美清、小池一夫、東野圭吾、サイバーフォーミュラ、五所平之助、エースをねらえ!小津安二郎 etc

カテゴリ:本作家別 - は行_東野圭吾

(ネタバレあります!) これはどう捉えたらいいのか。読了後ふたたびオビを読んであらためて首をかしげさせられた。(以下、オビを転載) 「ごめん、好きにならずにはいられない」 失踪した弟の嫁に会った瞬間、俺は雷に撃たれた 解けない謎が、出逢うはずのなかった二人を近 ...

全体の10分の9まで読み進んでもテンションが上がらず、という東野作品は初めてかも知れない。 どうも出だしでつまずいたようだ。 ※ 11ページ目までのネタバレあります! ↓ ↓ ↓ 物語は、母娘が実家へ帰るところから幕を開ける。 そこへお爺ちゃんから電話が。 これか ...

抜群の読みやすさ。 興味を惹く出だしは健在。 今回も一気読みさせられた。 東野圭吾氏が長年、第一線で活躍し続けている理由のひとつに、常に時代の最前線の情報を収集、咀嚼し、それを上質のエンタメにまとめ上げているというのがあると思う。 今回は補助ロボット、脳死 ...

どうかまたスキー小説じゃありませんように、 と念じながら、おそるおそるページをめくる。 ほっ、どうやら第一関門突破。 となると、さすが東野圭吾、読みやすいことこの上ない。 魅力的なナゾの提示もあり、スイスイと進んでいく。 引きつけるだけ引きつけておいて、いよ ...

ネタバレあります! ↓ オビの宣伝文句を一部抜粋します。 「時空を超えて交わされる、温かな手紙交換。」 内容はまさにこの通りでした。 これ以下でも以上でもありません。 そういうお話が好きな人はどうぞ。そうでない方にはオススメできません。 結論からいいますと、五 ...

制服の第2ボタンをはめていない人は恋人募集中。。。 私の中学時代はそんなことが流行っていました。 もちろん実際にやっている奴はいなかったですけれど。 恋人がいるかどうか、女性の場合は指輪を見たら、ある程度見当がつきます。 いっぽう男性のほうは、雰囲気で判断 ...

発売して間もないので、ネタバレ無しの方向で。 とある一流ホテルで殺人が行われる可能性があることが分かり、 数人の刑事がホテルのスタッフになりすまし、警戒することに。 若き刑事と、彼の指導係に任ぜられた女性ホテルマンが、 ぶつかり合いながらも、客が持ち込む ...

文句なしの五つ星です! 個人的には今まで読んだ東野作品の中で最高傑作。 発売されて間もないのでネタバレなしの方向で。。。 あらすじ。。。 小学5年生の恭平は、夏休みを利用して 伯父のところへ遊びに来ます。 伯父夫婦は緑岩荘(ろくがんそう)という 古い旅館を経営して ...

・加賀シリーズ最高傑作 ・誰も信じなくても、自分だけは信じよう。 ・ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。 「帯には、『加賀シリーズ最高傑作』と 謳っていることだろうと思います。 その看板に偽りなし、と作者からも ひと言添えておきます。」東野圭吾 (帯より引用) ...

和倉勇作は、小学生の頃からスポーツ万能で 成績も良く、リーダーシップにも溢れていたが、 一人だけ何をやっても叶わない同級生がいた。 その少年の名は瓜生晃彦。瓜生は孤独を好み、 協調性に欠けるきらいがあったが、 それ以外はことごとく勇作より優れていた。 二人 ...

↑このページのトップヘ