23時の雑記帳

清水宏、エルンスト・ルビッチ、深川栄洋、ビリー・ワイルダー、高峰秀子、シドニー・ルメット、渥美清、小池一夫、東野圭吾、サイバーフォーミュラ、五所平之助、エースをねらえ!小津安二郎 etc

カテゴリ:邦画 - 英数字、記号他

まずは主演女優賞から。 『二十四の瞳』の高峰秀子です。パチパチパチ。 主演男優賞は、 『男はつらいよ』シリーズの渥美清がダントツの支持を集め、堂々の受賞。 助演女優賞は、 『流れる』の杉村春子。うますぎます。 助演男優賞は、 『男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け』の宇野重吉。 これはもう大激戦。志村喬、室田日出男、湯原昌幸、徳大寺伸、すごい人ばかり。 決め手となったのは、宇野扮する老画家が、寅さんのたっての願いを聞くに聞けないジレンマに苦しむ様子でした。 つづいて脚本賞は、 『鴛鴦歌合戦』江戸川浩二。この気持ちよさったらないっす。 作品賞、監督賞はベストテンにしました。 ...

GANTZ側が人間に対してルールを守らなかったり 矛盾していたりすることに関しては、 「そういう話なんだからしょうがない」と言われれば それまでなので、その点については触れません。 ただ、映画としていかがなものかと思ったところが いくつかあったので、ちょっと挙げて ...

四次元ポケットを使わないドラえもん。 謎が解けない金田一少年の事件簿。 そんなものを見せられた気分です。 『SP野望篇』がめちゃめちゃ良かったので、 期待に胸を膨らませて出かけたのですが、 岡田准一の走りやアクションは ほとんどありませんでした。 たまにあっても ...

松山ケンイチにとって日本というフィールドは すでに狭すぎるようです。 他の共演者がかすんで見えるほど、 その存在感と演技力は圧倒的な迫力をもって 見る者に迫ってきます。 今後、数年の間にハリウッドから声がかかるで あろうことは間違いないでしょう。 ストーリー ...

2D版を鑑賞。 結論からいうと、とっても良かったです。 ドラマも映画も観たことがない 私のようなものでも楽しめました。 撮影はとても大変だったんじゃないでしょうか。 台風の中、プラント施設に取り残される話なので もう全編が雨でグジョグジョ、油でドロドロ状態です ...

封切りからひと月近く経ったというのに、かなりの入りでした。そしてカップル多し。人気あるんですね。結論からいうと、大満足です。もう1回観に行くつもりでいます。私は本作の元となったテレビドラマを観たことがないし、主演がジャニーズの人だというのもエンドロールで知ったほどの情報弱者です。そんなポテチンが書く感想であることを、あらかじめご了承下さい。主演の青年は、苦み走った、ちょっとウォーレン・ビーティを連想させるいい役者さんだなと思っていたらジャニーズのアイドルだったことに驚きました。 ...

↑このページのトップヘ