23時の雑記帳

清水宏、エルンスト・ルビッチ、深川栄洋、ビリー・ワイルダー、高峰秀子、シドニー・ルメット、渥美清、小池一夫、東野圭吾、サイバーフォーミュラ、五所平之助、エースをねらえ!小津安二郎 etc

カテゴリ:本タイトル - ま行

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 太ももである。 表紙の可愛い女子高生の太ももを見て 最初は「絶対に買うもんか」と思った。 アイドルのカレンダーなどで、 ワキの下をさらけ出しているショットがあるかないかで 売り上げが1割 ...

この本を読んでしまった今、一生涯株はやらないだろうと思う。 昔読んだ「となりの億万長者」が全否定されている。 しかしそれも気持ち良し。 人も世の中も刻々と変化してゆく。 例えば、成功したら1億円もらえるロシアンルーレットがあるとして (生存確率は5/6)、年に一 ...

無趣味のすすめ 全篇にわたって無趣味であるように薦めている本 …ではなくて、雑誌連載エッセイをまとめたもの。 氏が司会を務めている「カンブリア宮殿」は とても素晴らしい番組だと思っているが、 これはメーカーとのタイアップではないかと 思えるような回も時々見受 ...

「メッセンジャー―ストロボロスの賢者への道」 キリアコス・C. マルキデス・著 「実名を出さないのであれば出版してもよい」 という条件のもとに、公開を許された "ヒーラー・オブ・ザ・ヒーラー"ダスカロスの教え。 (ダスカロス = ギリシャ語で「先生」を意味する敬称) 法外な ...

ほんとうの愛と夢を手にした女性の物語 経沢香保子・監修(トレンダーズ株式会社代表取締役) マーク・フィッシャー・著 藤野邦夫・訳 主人公は30代のキャリアウーマン。 あるきっかけで知り合った大富豪から 人生の秘密を学んでいく・・・ 最近、ありがちな成功物語かな とも思 ...

勝間和代さん大ブレークのきっかけとなった本です。 「PCを買うならこの機種!」とか「ヘッドホンはこれ!」など、 はっきりした物言いが気持ちよいです。 何者にも依存せずに生きてゆける人間の強さを感じました。 余談ですが、僕がブログを始めようと思い立ったのも 勝間さ ...

↑このページのトップヘ