23時の雑記帳

清水宏、エルンスト・ルビッチ、深川栄洋、ビリー・ワイルダー、高峰秀子、シドニー・ルメット、渥美清、小池一夫、東野圭吾、サイバーフォーミュラ、五所平之助、エースをねらえ!小津安二郎 etc

カテゴリ:本タイトル - か行

とにかくゲスト陣の顔ぶれに圧倒される。 目次順に名前を挙げていくと、、、 手塚治虫 小島剛夕 石ノ森章太郎 藤子不二雄A 池上遼一 叶精作 高橋留美子 さくまあきら 堀井雄二 板垣恵介 山口貴由 神山健治 虚淵玄 庵野秀明 長嶋茂雄 この方たちの年収を合わせるといったいいくらになるんだろう。 思わず「なんかちょーだい」と手を差し出したくなる。 いやいや、冗談です。 そういう根性だからいつまでたってもダメなんです。 何はともあれ。。。 小池一夫先生、お誕生日おめでとうございます。 ...

マンガ『ちはやふる』ですっかりおなじみとなった “畳上の格闘技" 競技かるたの全国学生選手権大会で、現在三連覇中。 さらに、 2014 冬 日本テレビ『最強の頭脳 日本一決定戦「頭脳王」』 にも出演と、 天はこの人に何物も与えすぎっ! とひがみたくなるほどの経歴をもつ ...

とてもバラエティに富んだ内容でした。 NHKのテレビ番組「ようこそ先輩」に出演したときの、 放送されなかったエピソードや、歌人の天野慶さんを迎えて、 学生たちが取材者となっての記事作成、 有名編集者の方々との対談等々、面白い企画が盛りだくさん。 ひとつの話題 ...

7年連続赤字だったマクドナルドを、見事にV字回復させた原田泳幸氏の著作です。 内容は、驚きと感動に満ちていました。 何よりもビックリしたのは、毎朝11キロ走っているというお話です。 1948年以前生まれで、毎日これだけ走れる方がどれだけいらっしゃるでしょう。 トラ ...

今さら「子連れ狼」の凄さを語っても笑われるだけですが、 恥を忍んでレビューをば…。 まず驚かされるのは、一話完結ということです。 物語の大きな流れとしては、裏柳生の陰謀により 職を追われた拝一刀が、命を賭して嫌疑を晴らし 名誉を回復しようとする、という縦糸 ...

「ある時、日本代表の練習後に自分(今野泰幸)と岡ちゃんと二人で、 『本当に不細工だな』ってお互いに言い合っていたんです。 そこで(本田)圭佑に『自分と岡ちゃん、どっちが不細工だと思う?』って聞いたら、 『そりゃ岡ちゃんの方が不細工やで。今ちゃんの方がイケメンや ...

マンガの中に登場する「百八竜」という組織が、偶然実在していたため 小池一夫先生が呼び出しを受けたという曰く付きの作品です。 「小池一夫伝説」(大西祥平・著)によると、 歓迎されはしたものの、さすがにその後は「百八竜」に 悪事を働かせるわけにもいかなかったという ...

小池一夫先生の作品の中では、かなり明るいテイストだと思います。 田村正和主演でドラマにもなりました。 今の時代に、ジャニーズのアイドルを主役にしてリメイクしても面白そう。 でも主人公は女性にもてまくりという設定ですから、 ファンの方が黙っていないかもですね。 ...

村田喜代子・著「縦横無尽の文章レッスン」で テキストとして取り上げられていた本です。 何度も声を出して笑ってしまいました。 思わぬところから、けたぐりが飛んでくる感じです。 マンガとかならまだしも、文章だけで これだけ笑わせるというのはすごいですね。 子供の頃 ...

タイトルがあまりにもインパクトがあったのと、 邱永漢氏が薦めていらしたので、手に取りました。 今ある現象を分析・評論した本はあまたあれど 未来予測・シミュレーションが為されている点と 文章が読みやすいということも高ポイントでした。 本書の主旨は、コンビニがダメ ...

↑このページのトップヘ