23時の雑記帳

清水宏、エルンスト・ルビッチ、渡部昇一、ビリー・ワイルダー、高峰秀子、シドニー・ルメット、渥美清、小池一夫、岡本綺堂、サイバーフォーミュラ、五所平之助、エースをねらえ!小津安二郎 etc

カテゴリ:本タイトル - あ行

結婚しても子どもは作らず、仕事と自分たちの生活をエンジョイしようと取り決めていた夫婦。 しかし妻のエイドリアンが思いがけず妊娠する。 そうなってしまったからには、夫も考えを変えてくれるだろうと思い、打ち明けてみたらまったく話にならず、堕ろせの一点張り。 せ ...

ダニエル・スティールは、アメリカで一、二を争う超人気女性作家。 ニューヨーク・タイムズのベストセラー・リストに、なんと381週連続でランクインするというギネス記録を持っている。 そんな凄い人の本を、100冊以上ある著作を、私はこれまで一冊も読んでいなかった。 それど ...

熱いドラマを観ているよう。一気に読ませられた。 作者は名だたるシナリオコンクールを総なめにした人で、セリフも盛り上げ方も抜群にうまい。 燃える。 テレビドラマ化熱烈希望! (以下、引用です) 「本当の敗者っていうのは、挑戦しない人なんじゃないかな」 「それか ...

キンドルで期間限定無料公開中。 祝TV化がさらに盛り上がる。 さっそく読んでみた。 ジャケットが可愛い。すぐにPCの壁紙にさせていただいた。 中表紙も桃太郎さんみたいで可愛い。 その次のページは凜々しく、佐々木小次郎か、新撰組の沖田総司かというかんじ。 これは本編 ...

今まで絶版で、プレミアがついて手が出せなかった引野真二(ひきの真二)・画✕林律雄・原作「合気道橋本道場」が電子書籍となってようやく読めるようになった。しかも無料で。 うれしい反面、少しもの足りなさもある。 Kindleはマンガのタッチをつぶしてしまうからだ。 ひきの ...

とにかく絵がうますぎる。 話も面白いし、これだけ絵が上手だと、コミックスが出たら買うしかないではないか。 カバーはもちろん、とくに気に入ったカットも壁紙にさせていただいている。 眺めているだけで幸せになれる。 素晴らしい。 ...

タイトルに惹かれて読んでみた。 著者の生い立ち、キャバクラ店長の日常、家庭の父親としての姿。 ほぼ3部構成になっている。 一番面白かったのはキャバクラ嬢たちとのエピソード。 子育てと仕事の両立に悩む若いママさん。 自ら不幸を選んでいるとしか思えない生き方を繰り ...

2016年8月現在、絶賛放映中のラジオ番組のテキストである。 ナビゲーターは佐藤忠男。 日本映画大学学長で映画評論家としても名高い。 私はこの人のお陰で日本映画を好きになれた。 今回のシリーズで取り上げられている映画監督は13人。 うちわけは、 ヨーロッパから4人。 ...

これはめちゃくちゃ面白かった。 著者は雑誌「ニューヨーカー」にコラムを書き、かつ現役の医師でもある。 11のエピソードからなり、そのどれもオチが決まっている。ただ者ではない。 また取り上げるトピックスのほとんどが興味深い。 戦争における医療の最前線。 医師の治 ...

あなたはオプティミストかペシミストか、を判定する48の質問が載っている。 これを、なんのテストかは明かさずに、知り合い数人に出してみた。 結果は、驚くほど社会的地位や年収に呼応していた。 もちろんオプティミストのほうが社会的な成功を収めている。 サンプルが少な ...

↑このページのトップヘ