23時の雑記帳

清水宏、エルンスト・ルビッチ、深川栄洋、ビリー・ワイルダー、高峰秀子、シドニー・ルメット、渥美清、小池一夫、東野圭吾、サイバーフォーミュラ、五所平之助、エースをねらえ!小津安二郎 etc

カテゴリ:雑記

「わたしの図書室」 これがあるからラジコをやめられない。 本の選定がしぶすぎる。 AM1422kHz ラジオ日本 - わたしの図書室 「MBSヤングタウン土曜日」 笑いの中にきらりと光る人生哲学。 おそらくギャラはなきに等しいものと思われるが(失礼)、絆を大切にする明石家さんま ...

プレゼンが終わった瞬間、観衆が総立ち。 にじみ出る誠実さと熱意に、何度もリピート再生させられる。 それだけでは飽き足らないので、本まで買っちゃった。 英語、わからないのに(笑)。 Kindleの読み上げ機能のおかげで、なんとかついて行っている。 また、単語をダブルク ...

替え芯1本でどのくらい文字が書けるか、検証している。 今回ためすのはサラサボールペンの0.7ミリ。 400字詰め原稿用紙を、A4の安いコピー用紙にプリントアウトして、ひたすら時代小説を書き写してみた。 結果。。。 1本目 45枚 2本目 46.5枚 3本目 37.5枚 4本目 39枚 平 ...

1回目の結果が515点。 次のテストまでは約2カ月しかない。 1回目の大失敗は、全200問中35問が手つかずのまま、タイムアップをむかえたこと。 TOEICテストは時間との闘いだと、どの参考書にも書いてある。 なにしろ120分間で200問解かなければならない。 前半のリスニング・ ...

会場は某国立大学。 教室に入ってまず驚いたのが、黒板とチョークに出会えたこと。 いまどきの大学教授はイーサン・ハントみたいに、空間にいきなり画面を描き出し、あっちをスリスリ、こっちをクイクイやりながら授業を進めているものだとばかり思っていた……というのは冗談 ...

替え芯1本でどのくらい書けるかを検証している。 今回はサラサ[0.5]。 今、日本で一番売れているボールペンではないだろうか。 結論から言うと、圧倒的なコスト・パフォーマンス。 2位以下を置き去りにしてみせた。 1位 6,825円 サラサクリップ[0.5] (今回検証) 2位 13,505 ...

やり方はとても簡単。 郵便局で「指定場所配達に関する依頼書」というのをもらって記入、返送するだけで良い。 これで再配達時のわずらわしい手続きとサヨナラできる。 ゆうパックを受け取るには、必ず一度はドアを開けてサインに応じなければならない。 これも悩みのタネ ...

アマゾンカスタマーレビューをみると、少々混乱が生じているようだ。 合わない替え芯を買ってしまった人が、低評価をつけている。 なぜこんなことが起きているのかというと、パッケージが似ているためだ。 こちらがサラサクリップ、いわゆる普通のボールペン用の替え芯。 ...

ひたすら手書きしまくり、合計8本ほどの替え芯を使い切った。 以下はその結果報告。 ふでDEまんねん (万年筆) 1本め検証 28枚 (大きめの400字詰め原稿用紙) 2本め検証 29枚 3本め検証 29.5枚 4本め検証 33枚 合計 119.5枚 (=47800文字) 替え芯1本あたり 29.875枚 (=119 ...

↑このページのトップヘ