23時の雑記帳

清水宏、エルンスト・ルビッチ、深川栄洋、ビリー・ワイルダー、高峰秀子、シドニー・ルメット、渥美清、小池一夫、東野圭吾、サイバーフォーミュラ、五所平之助、エースをねらえ!小津安二郎 etc

カテゴリ:本作家別 - あ行

ネタバレにはあたらないと思うので、カバー折り返しの文言を引用させていただく。 推薦状 皆さんに、カザマ・シンをお贈りする。文字通り、彼は『ギフト』である。恐らくは、天から我々への。だが、勘違いしてはいけない。試されているのは彼ではなく、私であり、審査員の皆 ...

タイトルに惹かれて読んでみた。 著者の生い立ち、キャバクラ店長の日常、家庭の父親としての姿。 ほぼ3部構成になっている。 一番面白かったのはキャバクラ嬢たちとのエピソード。 子育てと仕事の両立に悩む若いママさん。 自ら不幸を選んでいるとしか思えない生き方を繰り ...

スティーブ・ウォズニアックとスティーブ・ジョブズ。 アップル帝国を築き上げた二人に共通している点は、どちらも底抜けのオプティミストというところではないだろうか。 ジョブズは死の直前まで人生のプランを練り続けていた。 また、そのジョブズに報酬をごまかされたこと ...

本日は、日本のテレビの黎明期に活躍したTVマン、井原高忠氏の三回忌。 ということで氏の著書「元祖テレビ屋大奮戦!」(1983年刊)を読ませていただいた。 井原氏と言えば、とんねるずの名付け親としても有名。 また、70年代に権勢をふるっていた渡辺プロダクションとの確執 ...

驚くべき新事実が目白押しだ。 「安いコーヒーやチーズはカビ毒に侵されているからダメ」 「夜、寝る前に炭水化物を食べるのは脳に良い」 「大豆食品(一部を除く)は危険」 「ニンジンは脳にもがんにも良い」 「小麦を食べだすと平均身長が低くなる」。。。 20代で億万長者と ...

「高校生の勉強法」出版から10年。最新の脳研究の成果を盛り込んでリニューアルされたのがこの本。発行は2011年12月。 同じ勉強をするのなら、効率の上がる方法でやるのが良いに決まっている。 そう思って購入した。 さすがに池谷氏の本には外れがない。 大切なのは予習よ ...

2話目は半七19歳、初手柄の巻。 さっそくあらすじ紹介いきます。 (ネタバレしています!) 老舗の小間物問屋「菊村」の一人娘、お菊の姿が消えた。 お菊と恋仲の若い番頭・清次郎が青い顔をして町中を探し回る。 そこへ声をかけたのがきっけかで、半七は事件と関わることにな ...

「半七捕物帳」を称える声を、最近よく耳にする。 名だたる作家の方々が絶賛している。 渡部昇一、宮部みゆき、北村薫、都筑道夫、松本清張、森村誠一、山田風太郎、皆川博子、戸板康二…。 ホントかなあ。お爺さんの昔語りっていう体裁の時代小説がそんなに面白いの? まあ ...

第3若草を出版してから15年もの間があいたとは思えないほど、この第4若草は充実している。 それはもう驚くほどにいろんな事件が起こる。さっそく見ていきたい。 あらすじ (完全ネタバレしています) あれから10年、プラムフィールドの子どもたちは成長し、その多くはローレ ...

若草物語シリーズと銘打っているが、中身は小学生くらいの年代の子を中心とする学園もの。 マーチ家の次女ジョーと夫のベア先生が経営しているので、「若草1,2」と全くつながりが無いわけではないが、マーチ家の人々はほとんど出てこない。 巻末の解説によると、著者ルイザ ...

↑このページのトップヘ