“一括置換”はたいがいのテキストエディタでできるけれど、それを連続して行なえて、できればフリーソフトで…ということになると、なかなか見つからない。

ようやくたどりついたのが、『Mery』というテキストエディタ。
「マクロ」なるものをいじれば何とかなるらしい。
そんな専門的なこと、できません。
といったんは尻込みしたが、いざやってみたらわりと簡単にできた。

MeryWiki

やり方

Meryで任意のテキストをひらく。

赤いボタンを押して、記録開始。

Mery_tutorial_20180709 (1)

「検索 → 置換」 で、置換窓をひらく。

Mery_tutorial_20180709 (2)
(※ 画像は、連続する空白行を一行に縮める作業をしているところです。

検索する文字列(I):
^\n+
置換後の文字列(P):
\n

正規表現を使用する(X)
にはチェックを入れなければいけませんが、

大文字と小文字を区別する(C)
には、この場合チェックは要りませんでした。汗)
___________________

(つづき)

心ゆくまで置換作業を行なう。

終わったら、ふたたび赤いボタンを押して「記録終了」。

「マクロ → 名前を付けて保存」で、保存。

これで終わり。

次回からは、今作ったマクロを呼び出して実行するだけでよい。

有志の方が提供してくれたマクロやプラグインもたくさんあり、今なお活発に更新されている。

マクロライブラリ - MeryWiki

マクロがあれば、いろいろな整形も一瞬で終えることができる。

「改行」「空白行の削除」「英数字を半角に」
「カタカナを全角に」「余分な文字を削除」
「行を連結」あるいは「折り返し行の文字数を指定」
「句読点で改行」etc...

そうすると、以下のようなことが、自分の好きな形でテキスト保存できるようになる。

DVDレンタルの記録
Amazonでの買い物
コープの買い物
銀行・ゆうちょの入出金明細
TEDトークのトランスクリプト
気になる人のツイッター
図書館の貸し借り記録
掲示板のログ
電車・バスの時刻表
定期的に読んでいるコラム
テレビ・ラジオの番組表
映画の上映スケジュール
etc...

今まで「コピー → ペースト → 置換 → デリート → また別のをコピー」……と延々と置換作業をやっていた私はいったい何だったのか……。

しかしこれからは、

「Ctrl + A」で、ページをまるごとコピー。
Meryに貼り付け。
マクロ一発!
で済むわけだ。

これは便利。

もしかりにコピーしたいサイトのレイアウトが変わっても、それまで使っていたマクロファイルをエディタで開いて、必要なぶんだけ書き足していけばいい。
一から作りなおす必要なし。

ほかにも便利で独創的に富んだ機能が満載で、使っていてとても楽しいテキストエディタだ。

知っておくと便利なテキストエディタ「Mery」の 10 個の小技

Mery、素晴らしい。

P.S.
ひんぱんに使うマクロにショートカットキーを割り振っておくと、さらに使い勝手がよくなります。

(以下、設定方法)
ツールオプションキーボード(タブ)
カテゴリ(C): の下の「ファイル」をクリック。
ビローンと下がった幕の中にある「マクロ」をクリック。
コマンド(O): から任意のマクロを選択し、ショートカットキーを割り当てる。