いつの日か買おうと思っていた。
並みいるキーボードの中でも飛び抜けて高いので、ずっと躊躇していた。
だが下の記事を読んでついに買ってしまった。

池田真紀子の「翻訳者の優雅な日常」| Vol.2 仕事道具 一挙大公開 | 英語翻訳ならDHC総合教育研究所

きょう届いてさっそく打っているのだが──打ちにくい。
ただ文章を打つだけならなんとかなるが、シフトキー、コントロールキー、オルトキーを使う場面になると立ち往生してしまう。
こういうのって手のかたちで覚えているので応用が利かない。

いちばんなじめないのは矢印キー。ひとかたまりになっていない。
左右のキーが左手に、上下のキーが右手に振り分けられているのだ。
慣れるのにかなり時間がかかりそう。

6万近くも出費してしまったので、なんとしても「いい買い物だった!」と信じたいのだが、初日にちょっとさわったくらいで分かるものでもない。
かといって店内で一日じゅうタイピングして試すわけにもいかないし・・・悩ましいことよ。

今までお世話になったハッピーハッキングは良いキーボードだ。
「KeySwap」や「AutoHotkey」で配列をカスタマイズしまくった。



次に買うのはおそらく東プレのリアルフォース、と漠然と思っていたが、上記の通りキネシスに引き寄せられてしまった。

キーボードに求めるものが「速さ」だったら、東プレを買っていただろう。
今いちばん欲しているのが「長時間打ち続けても飽きない、疲れない」一品だったので、キネシスが向いていると思った。

形状はひとめで分かる変態っぷりで、うちのまな板より大きい。
写真で見るより3D感がある。
中指のところ、つまりqwerty配列でいうところの「D」「E」と「K」「I」がかなり引っ込んでいる。
それにしてもオルトキー一個しかないのはつらい・・・・・・。
そのうちフットスイッチ(キーボードなのに!)を買うことになりそう。
このあともだらだら打ち続けようかな。だってやっぱりけっこう気持ちいい・・・・・・。

アマゾンの広告を貼ったが、私はメーカーのサイトから買った。アマゾンより安かったので。




br_banner_kokuban