巻末に、小さな文字でこう書き添えられてあった。
“本書は、小社より刊行した『「自分脳」で生きる』を、再編集のうえ改題したものです。”

あらかじめ商品説明の冒頭に記してくれても良かったのに。
同じ内容の本を2冊買わせようという悪意はなく、ただの手違いだった、と信じていいですよね? 三笠書房さん。

(以下、引用)
何かをしようと思うなら、明日ではだめなのだ。将来ひと財産をつくってからとか、病気の子供が危険を脱してからというのではだめなのだ。女房が分別を取り戻してから、給料が上がってから、試験に受かってから、消化不良が治まってから、などと言っていたのではだめだ。今日という日にやらなければならないのだ。

br_banner_kokuban