今日、3月16日は笠智衆の命日。

笠 智衆(りゅう ちしゅう、1904年(明治37年)5月13日 - 1993年(平成5年)3月16日)は、日本の俳優。※ Wikipediaより引用

往年の名優を偲んで『男はつらいよ』を鑑賞させていただいた。

マドンナ = 後藤久美子

ゲスト = 夏木マリ 寺尾聰 宮崎美子

あらすじ(完全ネタバレしています)

大学生になった満男(吉岡秀隆)は、一人暮らしをしたいと言い出す。
両親(前田吟・倍賞千恵子)は大反対するが、満男は勝手に事を進めていく。
そんな時、満男の高校時代の後輩、及川泉(後藤久美子)が名古屋からやってくる。
諏訪家に一晩泊まることになる泉。
満男はさっそく一人暮らしを撤回する。(笑)

本のしおり代わりに泉の写真を使っていることが本人にバレてしまった。
(満男の気持ちを知った泉。このあとどう出るか…)

泉が名古屋から出てきたのには理由があった。
父親が若い女と駆け落ちしたのだ。
母とやり直してほしくて、父親の勤め先に向かう泉と満男だった。

だが父親は会社を辞めていた。
現在は女の故郷である大分の日田にいるという。
それを聞いた泉はいったん名古屋に戻ることにする。

満男は東京駅まで見送る。
新幹線が出る間際、泉はあるものを満男に見せる。
それは大分までの乗車券だった。
泉は一人で父に会いに行くつもりなのだ。
(ここでキップを見せた泉の真意は、これはもう満男の本気度を試したに決まっている! さあ、どうする満男?)

帰りの切符代はあるのかと満男が聞くと、お父さんに立て替えてもらうつもり、と泉は答える。
満男はもらったばかりのバイトの給料を泉に渡す。

発車のベルが鳴り終わり、ドアが閉じられようとする瞬間、満男は矢も楯もたまらず、列車に…列車に……飛び乗ったぁぁぁぁ!!

満男は[くるまや]に電話し、事情を説明する。
そこへちょうど来ていた寅さん(渥美清)と泉の母・礼子(夏木マリ)。
二人も後を追いかけることにする。

泉たちが尋ね当てたのは、小さな薬局店だった。
女性(宮崎美子)が一人で切り盛りしているようだ。
泉たちは遠巻きに眺めている。

そこへ男が自転車で帰ってきた。
泉の父・一男(寺尾聰)だった。
だが泉たちは硬直したように動けない。
一男のほうが先に二人に気づき、近寄ってくる。

とにかく中へ、と招き入れられる二人。
ぎこちないながらも挨拶をしあう。
薬局店の女性は幸枝と言った。

お父さんと別れてほしい、そのひと言を言うためにはるばる大分までやってきた泉なのに、なぜか言葉が出てこない。

町は祭りで賑わっている。
みんなで見物して、そのあと鮎でも食おうという話になり、4人は外へ。
祭り見物をする4人。だが泉だけは父を見ていた。
突然、もう帰るから、と言い出す泉。
今夜は泊まっていただくつもりなのよ、と必死で引き留める幸枝に泉は言う。
「もういいの。おばさん、パパをよろしくお願いいたします」

その後、泉たちは寅さんチームと合流。
温泉旅館で疑似家族ごっこをして盛り上がる。

夜、泉は礼子に昼の顛末を話す。
パパは幸せそうだった、もうあきらめよう、と娘に諭されて号泣する礼子だった。

翌朝、泉たち母娘は一足先に出立した。
寅さんチームもその後のんびり帰郷。

帝釈天・題経寺。
さくらが御前様(笠智衆)に満男のことを話している。
「あんなに反抗的だったのが、大分から帰ってから素直になって、不思議でしょうがないんですよ」

「それは満男君にとっては頼りがいのある伯父さんのお陰ではないですかな」

その伯父さんが旅立つ時期がやってきた。
柴又駅まで見送るさくらと満男。
一人電車に乗った寅さんは言う。

「困ったことがあったらな、風に向かってオレの名前を呼べ。伯父さん、どっからでも飛んできてやるから、じゃあな!」

(終)

笠智衆───。
かつてこれほどまでにあまたの名監督から愛され、多くの映画ファンから尊敬された俳優が存在しただろうか。
氏が出演しているというだけで、その映画の品格は数段上がった。
氏の滋味にあふれた笑顔を見ているだけで、観客は幸せになれた。
朴訥とした語りを耳にするだけで、郷愁にひたれた。
日本映画の優しき父だった。
『男はつらいよ』の中の柴又帝釈天は、いつも柔らかな陽射しに包まれている。

br_banner_kokuban

松竹 寅さんシリーズ 男はつらいよ 寅次郎の休日 [DVD]
by カエレバ


監督:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
プロデューサー:島津清
音楽:山本直純

キャスト
車寅次郎:渥美清
諏訪さくら:倍賞千恵子
礼子:夏木マリ
諏訪満男:吉岡秀隆
車竜造(おいちゃん):下條正巳
車つね(おばちゃん):三崎千恵子
諏訪博:前田吟
桂梅太郎(社長):太宰久雄
源公:佐藤蛾次郎
御前様:笠智衆
内藤:笹野高史
茶屋の主人:小島三児
茶屋のおかみ:田中世津子
釣り人:人見明
ポンシュウ:関敬六
一男:寺尾聰
幸枝:宮崎美子
及川泉:後藤久美子

<男はつらいよシリーズ - 極私的星取り表>

No.01 [1969.08.27] ★★★★☆ 男はつらいよ (光本幸子、志村喬、広川太一郎)
No.02 [1969.11.15] ★★★☆☆ 続・男はつらいよ (佐藤オリエ、東野英治郎、ミヤコ蝶々、山崎努)
No.03 [1970.01.15] ★★☆☆☆ 男はつらいよ フーテンの寅 (新珠三千代、香山美子、河原崎建三、花沢徳衛)
N0.04 [1970.02.27] ★★☆☆☆ 新・男はつらいよ (栗原小巻、財津一郎、三島雅夫、横内正)
No.05 [1970.08.25] ★★★★☆ 男はつらいよ 望郷篇 (長山藍子、杉山とく子、井川比佐志、松山省二)
No.06 [1971.01.15] ★★★☆☆ 男はつらいよ 純情篇 (若尾文子、森繁久彌、宮本信子、垂水悟郎)
No.07 [1971.04.28] ★★☆☆☆ 男はつらいよ 奮闘篇 (榊原るみ、ミヤコ蝶々、田中邦衛、柳家小さん)
No.08 [1971.12.29] ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎恋歌 (池内淳子、吉田義夫、岡本茉利、志村喬)
No.09 [1972.08.05] ★★★★★ 男はつらいよ 柴又慕情 (吉永小百合、宮口精二、佐山俊二)
No.10 [1972.12.29] ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎夢枕 (八千草薫、田中絹代、米倉斉加年)
No.11 [1973.08.04] ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎忘れな草 (浅丘ルリ子、織本順吉、毒蝮三太夫)
No.12 [1973.12.26] ★★★☆☆ 男はつらいよ 私の寅さん (岸惠子、前田武彦、津川雅彦)
No.13 [1974.08.03] ★★★★★ 男はつらいよ 寅次郎恋やつれ (吉永小百合、高田敏江、宮口精二)
No.14 [1974.12.28] ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎子守唄 (十朱幸代、月亭八方、春川ますみ、上條恒彦)
No.15 [1975.08.02] ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎相合い傘 (浅丘ルリ子、船越英二)
No.16 [1975.12.27] ★★☆☆☆ 男はつらいよ 葛飾立志篇 (樫山文枝、桜田淳子、米倉斉加年、大滝秀治、小林桂樹)
No.17 [1976.07.24] ★★★★★ 男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け (太地喜和子、宇野重吉、岡田嘉子)
No.18 [1976.12.25] ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎純情詩集 (京マチ子、檀ふみ、浦辺粂子)
No.19 [1977.08.06] ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎と殿様 (真野響子、嵐寛寿郎、三木のり平、平田昭彦)
No.20 [1977.12.24] ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎頑張れ! (藤村志保、中村雅俊、大竹しのぶ)
No.21 [1978.08.05] ★☆☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく (木の実ナナ、武田鉄矢、竜雷太)
No.22 [1978.12.27] ★★★★☆ 男はつらいよ 噂の寅次郎 (大原麗子、室田日出男、泉ピン子、志村喬)
No.23 [1979.08.04] ★★★★☆ 男はつらいよ 翔んでる寅次郎 (桃井かおり、湯原昌幸、布施明、木暮実千代)
No.24 [1979.12.28] ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎春の夢 (香川京子、ハーブ・エデルマン、林寛子)
No.25 [1980.08.02] ※※※※※ 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 (浅丘ルリ子、江藤潤)
No.26 [1980.12.27] ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎かもめ歌 (伊藤蘭、松村達雄、村田雄浩)
No.27 [1981.08.08] ★★★☆☆ 男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎 (松坂慶子、芦屋雁之助)
No.28 [1981.12.28] ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎紙風船 (音無美紀子、地井武男、岸本加世子、小沢昭一)
No.29 [1982.08.07] ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋 (いしだあゆみ、片岡仁左衛門)
No.30 [1982.12.28] ★★★☆☆ 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎 (田中裕子、沢田研二、朝丘雪路)
No.31 [1983.08.06] ★★★☆☆ 男はつらいよ 旅と女と寅次郎 (都はるみ、北林谷栄、中北千枝子、藤岡琢也)
No.32 [1983.12.28] ★★★★★ 男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎 (竹下景子、松村達雄、中井貴一、杉田かおる)
No.33 [1984.08.04] ★★★☆☆ 男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎 (中原理恵、渡瀬恒彦、佐藤B作、秋野太作)
No.34 [1984.12.28] ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎真実一路 (大原麗子、米倉斉加年、風見章子、津島恵子、辰巳柳太郎)
No.35 [1985.08.03] ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎恋愛塾 (樋口可南子、平田満、初井言榮)
No.36 [1985.12.28] ★★★★☆ 男はつらいよ 柴又より愛をこめて (栗原小巻、川谷拓三)
No.37 [1986.12.20] ★☆☆☆☆ 男はつらいよ 幸福の青い鳥 (志穂美悦子、長渕剛、桜井センリ)
No.38 [1987.08.05] ★★★★☆ 男はつらいよ 知床慕情 (竹下景子、三船敏郎、淡路恵子)
No.39 [1987.12.26] ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎物語 (秋吉久美子、五月みどり、河内桃子)
No.40 [1988.12.24] ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日 (三田佳子、三田寛子、尾美としのり、鈴木光枝)
No.41 [1989.08.05] ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎心の旅路 (竹下景子、淡路恵子、柄本明)
No.42 [1989.12.27] ★☆☆☆☆ 男はつらいよ ぼくの伯父さん (後藤久美子、檀ふみ、夏木マリ、尾藤イサオ)
No.43 [1990.12.22] ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎の休日 (後藤久美子、夏木マリ、寺尾聰、宮崎美子)
No.44 [1991.12.23] ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎の告白 (後藤久美子、吉田日出子、夏木マリ)
No.45 [1992.12.26] ★★★★★ 男はつらいよ 寅次郎の青春 (後藤久美子、風吹ジュン、永瀬正敏、夏木マリ)
No.46 [1993.12.25] ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎の縁談 (城山美佳子、松坂慶子、島田正吾、光本幸子)
No.47 [1994.12.23] ★★★★☆ 男はつらいよ 拝啓車寅次郎様 (牧瀬里穂、かたせ梨乃、小林幸子)
No.48 [1995.12.23] ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎紅の花 (後藤久美子、浅丘ルリ子、夏木マリ、田中邦衛、村山富市、宮川大助・花子)
特別編 [1997.11.22] ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇 (浅丘ルリ子、江藤潤)
TV版 [1968.10.03 ~ 1969.03.27] ★★★☆☆ テレビドラマ版 男はつらいよ