あらすじ
(完全ネタバレしています)

江戸時代。河童の親子が役人に直訴する。
自分たちの住む龍神沼を埋め立てないでほしいと。
しかし聞き入れられず、お父さん河童(なぎら健壱)は、役人に斬り殺される。
子ども河童(冨沢風斗)もあわや、というところで地震が起き、子どもは地面の割れ目に落ちていく。

時は流れ、2000年代の東京。
小さな川の畔で石を拾った上原康一(横川貴大)。
なんと中には河童の化石が。
水をかけると生き返った。
河童の鳴き声から、康一は「クゥ」と名付ける。

クゥはとりあえず上原家に住むことになる。
最初は気味悪がっていた家族も、河童の生態を勉強するなどして、だんだん理解し合っていく。

康一は河童仲間を探しに、クゥをデイパックに隠して、岩手の遠野へ旅をする。
河童は見つけられなかった。
クゥは、深夜の民宿で座敷童と遭遇。
仲間はいないとほのめかされる。

そのうち、上原家には河童がいるという噂が立ち始める。
クゥは写真週刊誌に撮られてしまい、それ以降、連日報道陣が家を取り囲む。
康一も秘密を明かすことが出来ず、小学校のクラスメイトから孤立していく。

康一の父親(田中直樹)の仕事の関係で、クゥはどうしてもテレビ出演しなければならなくなる。
番組の生放送中、同じくゲストとして呼ばれていた民俗学研究家が、クゥの父親の腕のミイラを開陳する。

その研究家は、クゥの父親を斬り殺した役人の子孫だった。
クゥはパニックになり、父の腕を持ってテレビ局を飛び出す。
だが時の人となっているクゥはどこに行っても注目の的。
行き場を失ったクゥは東京タワーを登り始める。

照りつける太陽のため、疲労困憊となるクゥ。
飛び降り自殺を思いつくが、そのとき空がにわかにかき曇り龍神が現われる。
どしゃ降りとなり、元気を取り戻したクゥは、死を思いとどまる。
レスキュー隊に救出され、クゥは無事に帰宅する。

それ以後も報道陣の数は減らない。
上原家は、このさいマスコミを気にせず普通に行動しようと一致団結、腹をくくる。

そんな時、一枚のハガキが舞い込む。
それはクゥと同類の異世界の生き物キジムナー(ゴリ)からだった。
自分が生きる場所はそこしかないと、キジムナーの住む沖縄へ送り届けてくれるよう頼むクゥ。

上原家の人々はクゥの意思を尊重する。
いつか再会しようと固く約束して、クゥに別れを告げるのであった。

感想。。。

クゥというキャラクターがあまり可愛いと思えず、感情移入しづらかった。
でもこれは、そんな簡単に受け入れてもらっては困るという、作り手の計算だろう。

クゥがしばらく暮らすことになる上原家は、父、母(西田尚美)、康一、瞳(松元環季)、そして犬のオッサン(安原義人)という構成。
日常の一コマ一コマがとても細やかに描かれる。
瞳の表情の変化など、実に、魅せてくれる。

あらすじで触れられなかったが、菊池紗代子(植松夏希)という子が、クラスでいじめを受けている。
いじめの背景には、紗代子の家庭の事情が関与していることが途中で明かされる。
父親が浮気、そして家出。
母親も新しい恋人と…という、かなりつらい状況だ。

それをいじめの燃料にしてはばからない子どもたち。
残酷だが、現実もそうなのだろう。

実は康一もはじめは紗代子をいじめる側だった。
それがクゥと暮らし始めることにより、今度は自分がいじめられる立場となる。
友だちとの関係より、クゥの身を守ることを優先したためだ。
そうなって初めて、康一は紗代子の気持ちを思いやることができるようになる。

映画で何が一番印象に残ったかと言えば、紗代子がマンションのベランダから、男の靴(たぶん母の新しい恋人のものだろう)を落とすところ。
その演出意図を説明できるだけの読解力がないのが、我ながら情けないが、実に衝撃的なシーンだった。

クゥがテレビ出演するはめになるのは、父親の仕事上のしがらみから、と上に記した。
とはいえ上原家の人々は、晴れのテレビ出演にどことなく浮き立つ。

テレビというものの影響力の凄さをあらためて感じる。
この映画ではマスコミは完全に悪者扱いだ。

だが番組に出演したおかげで、キジムナーはクゥの窮地を知ることとなり、クゥは新天地を見いだしたのだから、なんとも皮肉な決着ではある。

タイトルから、夏休みの子ども向け映画だと思っていたが、とても重い内容を含む作品だった。
あえて安易なハッピーエンドに持っていかなかった原恵一監督の真摯な創作姿勢に敬意を表したい。

br_banner_kokuban

河童のクゥと夏休み 【通常版】 [DVD]
by カエレバ



Summer Days with Coo

監督・脚本: 原恵一
原作: 木暮正夫
作画監督: 末吉裕一郎
美術監督: 中村隆
色彩設計: 野中幸子
撮影監督: 箭内光一
編集: 小島俊彦
音楽: 若草恵

声の出演:
田中直樹: 上原保雄
西田尚美: 上原友佳里
なぎら健壱: クゥの父親
ゴリ: キジムナー
冨沢風斗: クゥ
横川貴大: 上原康一
松元環季: 上原瞳
植松夏希: 菊池紗代子
安原義人: オッサン