明日、10月11日は峰岸徹(1943-2008)の命日。
今はなき名優を偲んで、大林宣彦監督作品『廃市』を観てみる。

柳川をモデルとした水の町が舞台。
ノスタルジィあふれる絵作り。
里帰りしたような気分に浸る。

ノースリーブの小林聡美が美しい。女盛りで色気がむんむん。
小林聡美が、山下規介とむんむん歩くあとを、もんもんとした表情でついてまわるのが尾美としのり。
もんもん高校生を演じさせたらこの人の右に出るものはない。

どんよりとした空の下、三人の関係は多少の緊張感を保ちつつも、特に何かが起こるわけでもなく、話は淡々と進んでいく。
中盤以降、峰岸のアニキが事を起こすも、盛り上がりと言えばそれくらいで、あとは総じて大人しめの映画だった。

br_banner_kokuban


hai-shi (Wikipediaより一部転載)

監督 大林宣彦
脚本 内藤誠、桂千穂
原作 福永武彦
撮影 阪本善尚
製作 佐々木史朗、大林恭子、島田親一
ナレーター 大林宣彦

出演者
小林聡美
山下規介
根岸季衣
峰岸徹
入江若葉
尾美としのり
花柳美女月
竹口恵津子
高林陽一
林成年
入江たか子