ときにはディズニー風、ときにはSF風、大人から子どもまで楽しめる造りになっている。
が、いかんせん歌と踊りが凡庸。
本作の前年に創られたシネ・オペレッタ『鴛鴦(おしどり)歌合戦』(監督=マキノ正博)の完成度には遠く及ばない。

歌も踊りも笑いも、とちょっと欲張りすぎたか。

6歳の中村メイコが拝める。
三つ子の魂百までと言うけれど、言い得て妙だなあとしみじみ思った。
才気煥発さがフィルムを通して伝わってくる。

高峰秀子は後半にようやく登場。
出番はほんのちょっとでも、16歳にしてスターのオーラを放ちまくり、他の女優陣を圧倒している。

br_banner_kokuban

関連記事 :
不覚にも『鴛鴦(おしどり)歌合戦』(1939・日本)に萌えてしまった

『エノケンの孫悟空』(allcinemaより一部転載)

監督&脚本:
山本嘉次郎

出演:
榎本健一
岸井明
金井俊夫
柳田貞一
北村武夫
高勢実乗
土方健二
中村是好
如月寛多
団福郎
花井蘭子
三益愛子
千川輝美
加藤欣子
宏川光子
伊達里子
柳文代
清川虹子
北村季佐江
梅園かほる
清水美佐子
笠原英子
高峰秀子
竹久千恵子
中村メイ子
徳川夢声
矢口陽子
御舟京子
戸川弓子
三條正子
服部富子
渡辺はま子
李香蘭
藤山一郎
汪洋
益田隆