父親がみんな違う一男三女の兄弟のお話。

高峰秀子は三女を演じる。
長女役の村田知英子があまりにも憎たらしいので、途中で観るのがイヤになった───これは褒め言葉です。

あれ、たしかテロップに香川京子の名前があったよなあと思いながら見ていると、1時間たったころに満を持しての登場。

何となく足を引っ張り合う兄弟たちを延々と見せられた後だけに、香川京子&根上淳の爽やか兄妹っぷりに神々しささえ覚えてしまう。

高峰秀子と香川京子が同じ画面に収まっているところなどは、よくぞフィルムがハレーションを起こさなかったものだと思うほどにまぶしい。

それから次女役の三浦光子がよかった。
この人は『伊豆の娘たち』が印象に残っている。
これからは三浦光子がクレジットされている映画は無条件で見てみようかな。

関連記事 :
『伊豆の娘たち』(1945・日本)のララバイ

br_banner_kokuban



『稲妻』(allcinemaより一部転載)

監督:成瀬巳喜男
原作:林芙美子
脚本:田中澄江

出演:
高峰秀子
三浦光子
村田知英子
植村謙二郎
香川京子
根上淳
小沢栄
浦辺粂子
中北千枝子
滝花久子
杉丘毬子
丸山修
高品格
宮島健一