かなり面白かった。
一気読み。
人生が完全に詰んでいるダメサラリーマンが起死回生の妙手を放ち、一発逆転をするというお話。
読んでいる間、じつに気持ちが良かった。
アマゾンでプレミアが付いているのが気になり手にとってみたのだけれど、なるほど納得、それだけの価値はあると思う。
ぜひとも復刊を望む。

作者の後藤敏彦氏は、今のところ本作が唯一の著作であられるもよう。
じつにもったいない。
升田幸三が好きだったという香車のごとく、ガンガンと書き進んでいただきたいものだ。

br_banner_kokuban