バンダイチャンネルでは2015年5月19日まで、「3日間無料おためし体験」キャンペーンを実施中!

アニメ・特撮見放題サービス|アニメ・動画配信 / バンダイチャンネル


第11話 「アメリカ第1戦決勝」

ワールドグランプリ第1戦決勝。
ハヤト(金丸淳一)は7番グリッド。

絶妙のスタートを切ったハヤト、
一瞬、目の前に現われた勝利のラインを見逃さず、一気に6台をごぼう抜き、トップに出る。

…この時、無音状態になる演出がにくい。
見ている者の集中力と緊張感を一気に高める。
この音に緩急をつける手法は全編にわたって使われ、著しい効果を上げている。

快調にトップをキープするハヤト。
だがここでスタート時フライングの判定が下され、60秒のペナルティを科せられるスゴウアスラーダチーム。

車田監督(飯塚昭三)から連絡を受けたハヤトは、頭に血が上ってしまい、さらにペースを上げる。

最高のスタートを切れたと思ったのに、それが全否定された気持ちになってしまったのか。

だが14歳の少年に、この状況で「冷静になれ」と求めるのは酷というものだ。

ハヤトは60秒のロスを取り戻すべく、アスラーダに負担を強いる。
ピットとの交信を遮断、ついにはナビゲーション・コンピュータ(小野健一)の音声もオフにしてしまう。

そのハヤトと対照的に、冷静きわまりないのが、昨年のチャンピオン、ピタリア・ロペ(西村知道)だ。

残り2週、逃げ疲れて弱り切った獲物に、獅子のごとくに牙をむき、猛然と襲いかかる王者ロペ。

ロペ、ここで1位に。
さらにナイト・シューマッハ(速水奨)もハヤトをパス。

アスカ(三石琴乃)、スローダウンの指示ボードを出すも、それさえも無視するハヤト。

ハヤトの幼さをあざ笑うように、次々と抜いていくマシン。
自分にもそういう時代がありました、と言わんばかりの微苦笑を浮かべて。

満身創痍のアスラーダはついにエンジンブロウ。
ハヤト、無念のリタイヤ。

…その瞬間、スゴウアスラーダチーム一人ひとりの表情がアップになる。

レースはドライバーだけのものではないことを思い知らされる演出だ。

さらにこの時、チーフのミキ(安達忍)だけに風が吹いたことが、彼女の髪が揺れたことでわかる。
せっかく心を尽くして仕上げたマシンの無残な末路に、大変なショックを受けたことが、あの風となって表われたのだろう。

ウィナーはロペ…と誰もが思ったその時、シューマッハが抜き去りトップを奪う。
しかも真っ向勝負、テクニックの競い合いで昨年のチャンプを凌駕したのだから、インパクトは大きい。

かくして勝利者を称えるバラードは、シューマッハの頭上に鳴り響いく。

巨大スクリーンに映し出された表彰式の模様を憎々しげに見詰めるハヤト。

胸中では何を思う?
そしてチームのみんなには何を言う?

br_banner_kokuban

__________

Future GPX Cyber Formula 第11話「アメリカ第1戦決勝」 (Wikipediaより一部転載)

脚本 : 高橋義昌
ストーリーボード : 高橋資祐
演出 : 仲村鉄也
作画監督 : 新保卓郎

キャスト
風見ハヤト : 金丸淳一
アスラーダ : 小野健一
菅生あすか : 三石琴乃
車田鉄一郎 : 飯塚昭三
城之内みき : 安達忍
牧伸介 : 竹村拓
角良平 : 松田辰也
新条直輝 : 緑川光
ブリード加賀 : 関俊彦
ジャッキー・グーデリアン : 島田敏
フランツ・ハイネル : 置鮎龍太郎
大友譲二 : 富田晃介
菅生修 / ナイト・シューマッハ / ナレーター : 速水奨
ピタリア・ロペ : 西村知道
葵今日子 : 天野由梨
菅生幸二郎 : 岸野一彦
アナウンサー : 塩屋浩三
スミス : 平野正人



『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』関連エントリ
「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」第01話感想。気持ちよさレッドゾーン!

「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」第02話感想。夢を分かち合える仲間たち。

「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」第03話感想。抜群のサウンド・デザイン。

「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」第04話感想。「抜かせない、絶対に!」

「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」第05話感想。「このマシンを信じろ!」

「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」第06話感想。「弱気になるな、お前ならできる!」

「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」第07話感想「すると言ったらするんだ!」

「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」第08話感想「ここで負けたらリタイヤと一緒だ!」

「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」第09話感想「ハヤト、お前は俺たちの夢なんだぜ」

「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」第10話感想「行け、ハヤト!」

「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」第11話感想「抜いてやる、絶対に抜いてやる!」

「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」第12話感想「オレは間違ってなんかいない!」

『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』 | 腰が抜けるほどの面白さ。

企画 - サンライズ
原作 - 矢立肇
連載 - テレビランド、てれびくん
ストーリー原案 - 福田己津央
シリーズ構成 - 星山博之
キャラクター原案 - いのまたむつみ
キャラクターデザイン - 吉松孝博
マシンデザイン - 河森正治
コンセプトデザイン - 中沢数宣
デザイン協力 - 吉松孝博
音楽 - 大谷幸
音響監督 - 糟谷基規
音響効果 - 蔭山満
録音調整 - 西澤規夫
録音助手 - 杣澤佳枝
録音スタジオ - 整音スタジオ
録音制作デスク - 佐藤陽子
録音制作 - クルーズ
プロデューサー - 伊藤響・前田伸一郎(日テレ)、伊東梅男・田村学(VAP)、佐川祐子(ADK)、吉井孝幸→富田民幸(途中からAP、ビデオで広報)→指田英司→池田陽一→古里尚丈(SUNRISE)
監督 - 福田己津央
企画制作 - 日本テレビ
製作 - ADK、SUNRISE、バップ