ネットで「隠れた名作」的な評価をされていたので観てみた。
ファンタジーだが、ホラー要素も強くて小心者の私は2度ほど小さく飛び上がってしまった。

あらすじを簡単に説明すると。。。

少女が現実世界ともう一つの世界を行き来する話。
その、もう一つの世界とは、少女が絵に描いたことが具現化する世界のようだ。

荒野にポツンと塔が建っていて、中には少年が一人で住んでいる。
少年は歩けない。
少女が足を描かなかったからだ。
そこで少女は現実世界に戻り、足を描き足すのだけれど……という感じで話は進んでいく。

ガール・ミーツ・ボーイ映画は主役二人の魅力にかかっている。

どこまで甘い世界にひたれるかが評価の分かれ目。

私は“ペーパーハウス教"に入信できなかったが…(笑)
あなた様の健闘を祈ります!

br_banner_kokuban


監督
バーナード・ローズ

製作
ティム・ビーバン

原作
キャサリン・ストア

脚本
マシュー・ジェイコブス

撮影
マイク・サウソン

音楽
ハンス・ジマー
スタンリー・マイヤーズ

出演
シャーロット・バーク
エリオット・スピアーズ
グレン・ヘドリー
ベン・クロス
ジェマ・ジョーンズ
サラ・ニ