完膚なきまでにたたきのめされました。
まさかこのタイトルで、しかもドリームワークスのアニメで
大傑作だなんて、思うわけがないじゃないですか。

ディズニー映画だったらブランド買いできますけれど、
ドリームワークスはさすがにまだそこまでは信用できません。

例えば、今度公開されるドリームワークスの『マダガスカル3』。
今、さかんに予告編を流していますが、
海面に、四匹の動物が順々に顔を出していくシーンでは
立つはずの波紋が立っていないのです。

これで期待しろというほうが無理でしょう。
いやしかし今回のことで考えを改めました。
ドリームワークスでも、いいときはいい!
先入観で物事を判断してはダメってことですね。

そういうわけで、なんと公開終了2日前までノーマークでした。
こんなにいい映画だと早くから知っていたら、字幕版も、3D版も観たことでしょう。
一生の不覚です。勿体ないことをしました。

それで、具体的に何が良かったかというと、
ストーリー、キャラクター、動き、すべてが良かったというしかありません。

まず、ストーリーは、童話としても非常に優れていて、
教訓もたっぷりと盛り込まれており、個人的にはオリジナルより好きです。

動きに関しては、なにしろダンス・バトルが最高でした。
「トイレの砂かけダンス」に対抗して
「お尻がかゆいので床にこすりつけちゃえダンス」は爆笑ものです。
ペットを飼っている方にはとくにウケるのではないかと。

それから、今まで「感動して泣いた」とか「悲しくて泣いた」というのは
多々あれど「あまりの格好良さに涙が出てきた」という映画は
ジーナ・デイビス主演の『ロングキス・グッドナイト』しかありません。
アニメでは本作が初めての経験です。スクリーンで、あと何度か観たかった!

そして何よりも感心したのがキャラクター設定です。
キャラクタービジネス全盛の昨今、猫も杓子もとにかく
可愛いキャラを産み出そうと日夜、知恵を絞っておられることと思います。

本編の主人公は、このはるか斜め上を行っています。
普段は、苦み走った表情をくずさずにいて、
ちょっと気がゆるむと、元々の愛くるしい表情に戻ってしまうのです。

誰もが可愛さを前面に押し出そうと躍起になっているときに
本作の主人公は、チラ見しかさせてくれないのです。
このコペルニクス的転回には脱帽するしかないです。

荒くれ男がたむろしている酒場に単独で乗り込み、
度胸ひとつで渡り合い、まわりが一目置いたところで
ミルクをペロペロするところなどは、憎らしいほど上手い演出でした。

竹中直人の吹替もよかったと思います。
アントニオ・バンデラスのを聞いていないので断定はできませんが。
DVDが出たら迷わず買います。

このところ『ブラック&ホワイト』『バトルシップ』と
アメリカ映画は大当たり続きですね。
(なぜか『ブラック〜』は酷評している方が多いです 涙)

結局、二日つづけて鑑賞しました。
まだまだ観足りない思いでいっぱいですが、出会えたことになにしろ感謝です。
ニャンダフルなモーメントをありがとうございました!