子連れ狼 第4巻 愛蔵版 (キングシリーズ)

今さら「子連れ狼」の凄さを語っても笑われるだけですが、
恥を忍んでレビューをば…。

まず驚かされるのは、一話完結ということです。
物語の大きな流れとしては、裏柳生の陰謀により
職を追われた拝一刀が、命を賭して嫌疑を晴らし
名誉を回復しようとする、という縦糸があります。

しかし、これは小池一夫先生がいろいろな著書などで
明かしておられるように、後付けの設定なのだそうです。
それを裏付けるように、この愛蔵版の二巻までは
柳生烈堂の影も形も出てきません。

ですから、二巻までは一話完結の話が続くのは当然だとしても、
大きな枠組みができたあとも、ひとつひとつ物語が独立しているというのは本当にすごいことだと思います。
よくもまあこんなに面白いストーリーとアイデアが次から次へとわき出てくるものですね。

これはお世辞でも何でもなく、単行本一巻の中に
映画3,4本分のアイデアが詰まっています。
それくらい密度が濃いです。

そして、これも今さら何を、と言われるのは必至ですが、
小島剛夕先生の作画が凄すぎます。

たとえば、拝一刀と剣客たちの斬り合いを、ただ描くのではなく
小川の水面に映っている彼らを描く、という演出もみられました。
(ですからもちろん上下が逆さまになっています)

そして、そこに折れた刀が飛んできて、波紋が生じ鏡像が乱れる…
という手法などは、キザな言い方を許してもらえるなら、
宇宙の片隅で、正義だ、大義だなどと騒いで、生命を浪費している
彼ら(と我々)の滑稽さと哀しさを、まさに明鏡止水の心でもって
描かれておられたのではないかという気さえしてきます。

名匠ふたりが邂逅し、がっちりとタッグを組んで、
数多くの作品を残してくださったことに、心より感謝し、
一コマ一コマを大切に味わわせていただきたいと思います。

(以下、ネタバレあります!)

其之二十六 「黒南風」
くろ はえ【黒〈南風〉】
梅雨入りの頃,どんよりと曇った日に吹く南風。
スーパー大辞林3.0 (C) Sanseido Co.,Ltd. 2010

田植えの手伝いを申し出る拝一刀。
毎年のように洪水に悩まされている藩は、
堰工事のため村の男たちをかり集めていた。
拝一刀をも召集しようとするが、一刀はこれを拒否。
何故そうまでして田植えにこだわるのか。
そこには刺客道を貫かねばならぬ父子のけじめと
強い思いが秘められていた。

其之二十七 「首斬り朝右衛門」

拝一刀と柳生一族との確執の真相を突きとめるよう
幕府より命を受けた山田朝右衛門は
長い旅の果て、ついに拝一刀と相まみえる。
首斬り人同士、まずは据物様しとばかりに
それぞれ石の仏像を三体斬りくらべることに。

其之二十八 「哀燈流し」(まんどうながし)

ヤクザの組の下っ端、金八が不作法をとがめられ、
旅の同業者に斬り殺された。
非はこちらにあると、泣き寝入りの親分に愛想を尽かした
亡き金八の兄貴分、ことみは盃を叩き返し、
ひとり仇討ちに乗り込む。

其之二十九 「堺筒」(さかいづつ)

堺には、公儀御用の鉄砲鍛冶が五人いる。
そのうちの一人、七郎兵衛がこっそり他藩に武器を売っているらしい。
しかも七郎兵衛は、一度に数十発もの弾丸を発射できる斉発銃を完成させたという。
暗殺依頼を受けた拝一刀は、奇策をもって七郎兵衛の斉発銃を封じる。
いまわの際に、弟子たちに遺言を伝える七郎兵衛の口から驚くべき事実が語られる。

其之三十 「鹿追い」

鹿追いとは、賭場へ客を引く者の呼称。
旅の先々で、果たし合いの狂言芝居をしては、
たくみに見物人に賭けを持ちかけ、稼いだりもする。
そのグループの頭が、拝一刀になりすまし
一刀が受け取る予定の暗殺依頼料五百両を
そっくりかすめ取ろうという計画を立てる。

其之三十一 「飢餓るが町」

三年続きの大飢饉に農民たちは苦しんでいるというのに
藩主は、逃げまどう犬を馬上から射殺する「犬追い」という遊びに夢中。
おかげで周囲には犬一匹見当たらなくなった。
そこへ拝一刀が犬を連れてやってくる。
村人たちは引き留めるが、一刀は委細かまわず城下へと入っていく。

其之三十二 「干城殺陣」(かんじょうさつじん)
かん じょう【干城】
楯となり城となって,国家を守護する武人。軍人。
スーパー大辞林3.0 (C) Sanseido Co.,Ltd. 2010

幕府は、砂金を運ぶルートをいつもと違え、
磐城平藩内を通ることにするという。
これは、磐城平の領内でわざと不祥事を起こし、
それに乗じて藩を取りつぶすのが目的ではないか。
そう読んだ磐城平藩は、拝一刀に暗殺を依頼する。
砂金を運ぶ一行が、領内に足を踏み入れる手前で、
責任者である若年寄を斬ってほしいというのだ。
もし、そうしたとしても藩の危機が
去るわけではないと考えた一刀は一計を案じる。

子連れ狼 第4巻 愛蔵版 (キングシリーズ)子連れ狼 第4巻 愛蔵版 (キングシリーズ)
小池 一夫 小島 剛夕

子連れ狼 第3巻 愛蔵版 (キングシリーズ) 子連れ狼 第2巻 愛蔵版 (キングシリーズ) 子連れ狼 第1巻 愛蔵版 (キングシリーズ) 子連れ狼 第5巻 愛蔵版 (キングシリーズ) ガッツポン vol.2 (キングシリーズ 漫画スーパーワイド)

by G-Tools




※ トラックバックの反映に時間がかかることがあります。ご了承ください。