孤剣―用心棒日月抄 (新潮文庫)

「用心棒日月抄」シリーズ第二弾です。
本当に何度読んでも面白いですね。

シリーズ第一弾の流れを大まかに説明いたしますと。。。

(以下、ネタバレです)







藩主暗殺の陰謀を偶然知ってしまった青江又八郎は
命を狙われるハメになり、やむなく江戸に出てきます。
口入れ屋で仕事を紹介してもらいながら、
その一方で証拠集めをし、汚名を晴らそうというわけです。

そんな日々の暮らしの中、あの有名な「忠臣蔵」の発端となった
浅野内匠頭と吉良上野介の刃傷事件が起こり、又八郎は
否応なしにその渦中へと巻き込まれていくのです。
いろいろとありつつも、最後には帰参が叶い、めでたしめでたし。

用心棒日月抄 (新潮文庫)
藤沢 周平
新潮社
売り上げランキング: 6019


これにて一件落着と思いきや、藩内のゴタゴタは収まらず、
またもや又八郎は江戸で用心棒暮らしをすることになります。
又八郎にとっては災難でしょうが、
ファンにとっては、もうたまらない展開ですね。

こんなに面白い小説を残してくださった藤沢周平先生に
あらためて感謝申し上げます。ありがとうございました!

(以下、『孤剣』の簡単なあらすじです)

「剣鬼」
藩取りつぶしの危機を救うため、再び江戸に戻って(?)きた青江又八郎。
さっそく用心棒仲間の細谷源太夫が抱えているトラブルの助太刀に走る。
細谷が用心棒を務めていた子供が寺の境内から忽然と姿を消したのだ。

「恫し(おどし)文」
今回の依頼主は、両親を何者かに惨殺されたばかりの13歳の娘。
依頼を受けた又八郎が、用事から戻ってくると、娘は誘拐された後だった。
そしてもうひとつ、誘拐と呼べなくもない事件が起こっていた。
藩の諜報組織である嗅足組(かぎあしぐみ)も、藩の浮沈を左右する書類を持っている
大富静馬の動向に目を光らせていたが、逆に嗅足組の頭の娘、佐知が
静馬に拉致られてしまったのだ。

「凶盗」
大店の家族から奉公人、さらには雇われ用心棒までも皆殺しにするという
凶悪な強盗集団が江戸を震え上がらせている中、
又八郎、細谷、米坂の用心棒トリオは、とある大店に雇われる。
一方、大富静馬が持っている密書を、佐知の活躍のおかげで
一部ではあるが、手に入れることができた又八郎だった。

「奇妙な罠」
又八郎の今回の用心棒稼業は、なんと公儀隠密が仕掛けた罠だった。
又八郎とは別ルートで大富静馬を追う公儀隠密は、
ことあるごとに又八郎に邪魔をされる形になっていたので
又八郎のことを、てっきり静馬の仲間と思い込んでしまったのだ。
しかし、何にせよ又八郎の命が危険にさらされていることに変わりはない。
容赦ない拷問が彼を責める。

「凩(こがらし)の用心棒」
用心棒仲間のひとり、米坂の妻から又八郎に言づてがあった。
夫が帰ってこないというのだ。
青江又八郎が米坂の仕事先をのぞいてみると、
米坂と、彼が護衛していたはずの娘の姿もない。
そのかわりに浪人者の死がいが二つ転がっていた。

「債鬼」
青江又八郎の今度の雇い主は、血も涙もない金貸し。
この非情な取り立て屋のあとをついてまわる又八郎はイヤで仕方がない。

「春のわかれ」
大富静馬がもつ密書を狙っているのは、藩を二分する勢力と公儀隠密という、
三つ巴の様相を呈するようになっていた。
藩内で争いあっている二つの派は、取りつぶしだけは避けたいという点では
利害が同じであるため、ここはひとまず手を取り合って、まずは
公儀隠密を倒そうということで意見の一致をみる。
そしてついに大富静馬と青江又八郎は決着の時を迎えた…。

孤剣―用心棒日月抄 (新潮文庫)
藤沢 周平
新潮社
売り上げランキング: 17983




※ トラックバックの反映に時間がかかることがあります。ご了承ください。