2010年、たくさんの感銘を与えてくれたサッカー
南アフリカワールドカップ日本代表のことが
もっと知りたくて手にとってみました。

デンマーク戦での華麗なフリーキックで
存在を世界に知らしめた遠藤保仁選手の本です。

タイトルはTVドラマ「プロポーズ大作戦」の
セリフから戴いたそうです。

インタビューと対談が少し入っていて、
あとはサッカーダイジェストに連載されていた
エッセイ(聞き書き)をまとめたもの。
幼少の頃から現在までの写真も載っています。

普段からとても穏やかな人なんですね。
そして、その軸のブレなさ、どんなときでも
平常心でいられる並外れたメンタルの強さには
驚かされました。

高校の時からすでに監督の言うことを聞かず(笑)
マイペースをつらぬくなんてのは
なかなかできることではないですよ。

ワールドカップが開催される前とされた後では
いろいろなことが激変したでしょうが、
エッセイを読むかぎりでは舞い上がることもなく
常に地に足がついている印象を受けました。

こういう選手がいてくれるというのは、
特に大舞台において実に心強いですね。

(以下、引用)
あれ(南アW杯デンマーク戦のFK)は最初、
ケイスケ(本田圭佑)がジェスチャーで、
蹴りたいって伝えてきたけど、
「いや、俺が蹴るわ」と。ケイスケはすでに
1本決めていたから良いイメージが
あったんだろうけど、距離や角度からすると、
明らかに僕のほうが決めやすい位置だったからね。
そこは「チーム」としての戦いということを
重視して、冷静に自分が蹴るという決断をした。
そういう意味では、決まったゴールも
チームのゴールだと思っている。

(岡田武史監督の印象を聞かれて)
サッカーに対してすごく真面目で、
妥協を許さない人。最初から最後まで
考えがブレず、信念を持って指揮されていて、
一緒に仕事をしてすごく良い勉強になったし、
ためになることが多かった。その一方で、
ピッチを離れれば冗談も言う、面白い人。


誤解を恐れずに言わせてもらうと、サッカーは
監督の言うことがすべてじゃないと思っている。
実際、監督の言うことだけをやっていて、
チームが勝てるかと言えば、そうじゃない。
そこに個々のアイデアやイマジネーション、
僕が言うようなこだわりや閃きなどが
リンクしていかないと、簡単には結果が出ない。
だから、サッカーは楽しいんだよ。

オシムさんが代表の監督に就任して間もない頃、
「お前はとにかくもっと走れ。
走る量が少なすぎる」と言われてね。
根拠がある言い方というより、最初は
「年齢が上のお前が走れば、歳下の選手も
つられてみんなが走る。だから走れ」的な感じで
言われたはず(笑)。そこから始まって、
オシムさんと一緒にサッカーをしていくなかで、
徐々に「走る」ことの意味というか、
重要性に気付かされていった感じかな。

岩渕真奈(日テレベレーザ/日本女子代表)
「そうだ。ワールドカップのPK戦の時、
なんでコロコロPKを蹴らなかったんですか?」

遠藤「あれは、相手のGKがあまり動かないって
いう情報を試合前に聞いていたから。
いつもみたいにGKの動きをギリギリまで見るより、
強いボールを蹴ったほうが決まると思ったんだよ」

例えば、車を運転していて、いきなり
ボンっと割り込まれたとするでしょ?
それに対して怒って、割り込み返す人が
たまにいるけど、そういうのを見ると、
逆にビックリする。だって、
そんなことをしても得することはないし、
実際、一台入れたくらいでは、
なにも変わらないから。

たとえばワールドカップの試合であっても、
特別な想いはない。なぜなら、
僕は僕でしかないし、どれだけ良いプレーを
したいと思っても、自分が持つ以上の力は
出せないから。もちろん、そこに向かう過程で
最大限の努力を尽くすことは
忘れてはいけないけど、やるだけのことを
やったら力んでも仕方がない。

例えば、バルセロナの選手たち。彼らは相当な
テクニックを持った、巧い選手の集団だけど、
試合のなかで余計なプレーは一切しない。
ただひたすら、正確さと速さだけを追求している。
試合を見ていても、アウトサイドで
パスを出すような余計なことはせず、
インサイドを使って確実にパスを出し、受けて、
を繰り返している。決して、芸術的なプレーが
できないわけじゃないはずなのに、だよ。
僕にとって「優れた選手」とは、
そういう選手のこと。

「4年後のブラジル大会への出場に意欲を
燃やしていると聞くが、私はふたつの理由から
十分可能だと信じている。(…)まだ潜在能力の
70㌫ぐらいしか出していないと感じるから。
残りの30㌫を引き出すには、やはり海外で
プレーすべき。もはや国内では、そこまでの
プレッシャーを感じることはないだろう。
それはヤットにとってマイナス。
より厳しい環境でどんなプレーを見せてくれるのか。
私はそれが見たいし、期待しているひとりでもある」
松澤隆司鹿児島実業高校総監督