この前初めて映画館でジブリ映画を観た。
現在公開中の「借りぐらしのアリエッティ」。
宮崎駿氏(以下敬称略)は
企画・脚本で参加している。

非常に良かったので、もう一回行くつもり。
ようやくワタシにも宮崎駿ブームが
到来したようだ。(遅すぎるっつーの)

本書は数年前にいちど読んだことがある。
すっかり忘れてしまっているので再読。

まず巻頭カラー20ページにわたる
宮崎駿のイラストに見入ってしまう。
これだけでもう充分に元は取れた気分。

なぜ対談相手が養老孟司なのかというと、
氏の「脳化社会」という現代社会への
警鐘とも言える提言に、意を同じくするところが
あったから、ということのようだ。

1997、1998、2001年の
三回に渡り行われた対談をまとめたこの本、
内容はとても刺激に充ち満ちている。

とにかくジブリアニメは不思議きわまりない。
猫が歩いているだけのシーンなのに、
なぜ感動がこみあげてくるのだろう。

この本にもヒントは示されているけれど、
自分の目で見て感じて答えを探してみたい。

おそらく日本全国、視聴覚コーナーのある
ほとんどの図書館にジブリアニメは
置かれていることだろう。

地元の図書館にも何本かあった。
ヒマを見つけて観ていくつもりだ。
もちろん映画館で観られれば、
それにこしたことはないのだが。(以下引用)

『となりのトトロ』で、
妹がトトロを発見してジーッと
見つめているシーンがありましたでしょう。
ぼくは、あの女の子の正面の絵を
徳間書店の方に大きく引き伸ばしてもらって、
東大の教授室の壁に貼っていたんですよ。
ちっちゃい女の子が座ってジーッと見つめている
あの目つきが実によくて、解剖をやる人は、
こういう目つきでなきゃダメなんだよって意味で
(養老孟司)

やっぱりみんな『人間嫌い』に
なっているんですね。(…)
顔見知りの人間は好きなんです。
けれど、人類とか外国人と言ったとたんに、
「いなきゃいいのに」という感じになる。
こんなにみんなが人間嫌いになってる時代は
ないんじゃないか。(宮崎駿)

トトロの映画を一回見ただけだったら、
ドングリでも拾いに行きたくなるけど、
ずっと見続けたらドングリ拾いに
行かないですよ。なんで、そこが
わからないんだろうと思うんだけど。(宮崎駿)

いま子供たちに起きているさまざまな問題が、
“教育問題"だけで解決するのかどうか。
文部省や教師のせいにする人はいっぱいいるけど
それは違うとぼくは思うんです。
みんなでよってたかって、
こういうふうにしたんですよ。(宮崎駿)

なんでこんなに未来、未来って言うのか。
子供の未来はつまんない大人って
決まってるんですよ。ぼくたちが
そうなんですから(笑)。(宮崎駿)

人は、映画をテーマでは見ていないんですよ。
テーマとかメッセージでものを見るというふうに
いつからか思い込むようになったみたいだけれど
、うそですよ、そんなの。(宮崎駿)

走る少年を描くときにですね、
足の裏にくい込む石の痛さとか、
まとわりつく服の裾とか、
そういうものを感じながら、
走るっていうことを何とか
表現したいって机にかじりつくのが、
ぼくらにとっての官能性です。
ぼくは、性とか何とかというよりも、
そこに皮膚感覚が働いているものだとか、
そういうことを絵が持とうとしているか
どうかという部分のほうが大事だと
思っています。(宮崎駿)

情報は、一見動いているように
見えるけれどもじつは止まっている。
それを、情報は毎日変わるけど、
人間は変わらないと考えている。(養老孟司)

だから、アニメというのをよく子どものものと
馬鹿にするんだけど、そうではなくて
本当のリアリズムですよね。なぜかというと、
いらないディテールは落ちちゃって
いるわけですから。(養老孟司)

ぼくは、子どもの本質は
悲劇性にあると思っています。
つまらない大人になるために、あんなに
誰もが持っていた素晴らしい可能性を
失っていかざるをえない存在なんです(宮崎駿)

br_banner_kokuban



虫眼とアニ眼 (新潮文庫 み 39-1)
___________

あとがき。。。。。。。。アコマガvol.45購入。
付属CDにはエクササイズも含め54曲入っている。
いちばん気に入ったのは西海孝さんの演奏。マー
チンD-18のデモンストレーションを2曲披露して
いる。演奏もいいし、ギターもいい。もし次にア
コギを買うとしたらSUMIにしようと思っていたの
だけれど、マーチンやっぱいいな。まあ先立つも
のがないので悩む必要ないんだけれど。アハハ…

アコースティック・ギター・マガジン (ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE) 2010年 09月号 2010 SUMMER ISSUE Vol.45 (CD付き) [雑誌]
アコースティック・ギター・マガジン (ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE) 2010年 09月号 2010 SUMMER ISSUE Vol.45 (CD付き) [雑誌]