ナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディション [DVD]

冒頭で「23」という数字がどれだけ
不幸な事件と関連性が高いかを、
いろいろな例を挙げて見せてくれる。

でも、もしそうだとしても
「2」や「3」のほうが倍も
こじつけやすいわけで、「1」とか「0」なら
更に不幸な数字ってことになっちゃう…

なんていう野暮は言わずに、ここは素直に
「23」を怖がりましょう。
そのほうがきっと幸せになれます。

まずは簡単なあらすじから。

ちょいと性格暗めの主人公ウォルター
(ジム・キャリー)は、奥さんから
1冊の本をプレゼントされる。

それは古書店で入手した自費出版本で
タイトルは「ナンバー23」。

内容は、ある探偵が23という数字に
呪われたかのごとく不幸に陥る、という話。

読み始めたウォルターは、本の中の主人公の
境遇があまりにも自分と酷似しているのに驚く…

「シャイニング」のジャック・ニコルソン宜しく
ホテルならぬ数字の魔力に取り憑かれて、
ジム・キャリーが狂っていく話なのだろうと
思っていた。

実際、中盤過ぎまではそんなノリで進んでいく。
ところが、本の著者をつきとめようとする
あたりから一気に面白くなってゆく。

ただのスタイリッシュ・ホラー・ムービーでは
なかった。嬉しい誤算。

結局、謎は解き明かされる。
スッキリ。後味悪くなし。



あとがき。。。。。。。明日は「息もできない」
「レインマン」どちらを観に行こうか
迷っています。「借りぐらしのアリエッティ」は
どうせロングランだろうから、こちらは後回しで
いいでしょう。「レインマン」は一度テレビで
観たし「息もできない」は嫌いなタイプの
映画だけれど評判良すぎるし。
どうしたもんでしょう。。。