眺めのいい部屋 HDニューマスター版 [DVD]

午前十時の映画祭「何度見てもすごい50本」
の中でも比較的知名度の低い作品だと思う。
少なくともワタシは知らなかった。

逆に言えば、それでも50本の中に選ばれた
ということは、かなり期待してよい?
予想は当たった。すごいな、イギリス。
これは観て損はないと思う。

物語の最初は、「眺めのいい部屋」を
予約したのに、景観の悪い部屋を割り振られた
ルーシー(ヘレナ・ボヘム・カーター)と
従姉の…というか、実際はお目付役の
シャーロット(マギー・スミス)に
「よろしかったら部屋を替わりましょうか」
と申し出る父子がいた、という出だし。

こう書くと、いかにも安易な出会いだと
思われるかも知れない。
これが映画を観ると全然そんなことはない。

この時点で各人の人生観が
相当浮き彫りにされているからだろう。

おそらく「眺めのいい部屋」というのは、
そのまま「心」のことを言っているのだ。

ぴったりと扉を閉ざしている人、
カーテンを開け放って陽射しを
たっぷりと浴びている人。

どこかから借りてきたような言葉で
申し訳ないのだけれど、この扉だけは
誰か他人が開けることは出来ない。
取っ手は内側にしかついていないのだ。

ルーシーの心の扉の開いたり閉まったりが、
見事な演出により手に取るように分かる。

「あー、恋がしたいな-」とか
「何だかんだいって人生って素晴らしいかも」
と思わせてくれる名作にまたひとつ出会えた。

ストーリー (シネマトゥデイより引用)
20世紀初頭。イタリアのフィレンツェを訪れたイ
ギリスの良家の令嬢ルーシー(ヘレナ・ボナム・
カーター)は、同じ宿に泊まっていた進歩的な青
年ジョージ(ジュリアン・サンズ)と出会う。次
第にルーシーは、情熱的な彼に魅せられていく。

YouTube - 眺めのいい部屋 日本版予告編 A ROOM WITH A VIEW JTrailer