「ナルニア国物語 ライオンと魔女 カラー版」 C.S.ルイス (著), ポーリン・ベインズ (著), 瀬田 貞二 (著)
「ナルニア国物語 ライオンと魔女 カラー版」 C.S.ルイス (著), ポーリン・ベインズ (著), 瀬田 貞二 (著)
THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE

世間では、3日後の5月21日に、映画
「ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛」
の公開、テレビ朝日系列日曜洋画劇場で
「ライオンと魔女」の地上波初公開と、
“ナルニア大攻勢"状態です。

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 ディズニー公式サイト

こういう機会でもないとおそらく一生読まないと思うので
挑戦してみました。

まず意外だったのは、相当笑えたということです。
もっと説教くさい話かなと思っていました。

それから瀬田貞二氏の訳が最高です。
「巨人ごろごろ八郎太」って・・・。
原書が気になるところです。

ひねくれた大人としては、
勧善懲悪の単純な二元論に
一言言いたい気がしないでもありませんが、

もとはと言えば、お父さんが
愛する娘さんのために書いた本。
野暮は言いっこなしです。

河合隼雄氏もおすすめの1冊でした。
「河合隼雄の“こころ"―教えることは寄り添うこと」

「ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり (1)」 C.S.ルイス, 瀬田 貞二, C.S. Lewis

【カバーおりかえし】
戦争をさけて、田舎の古い屋敷にやってきた4人のきょうだい。
広い屋敷を探検するうちに、末っ子のルーシィは、
空き部屋にある衣装だんすに入りこんでしまいます。
毛皮の外套をおしのけて奥へ進むと、
いつしかルーシィは、雪のふりつもる森に立っていました…。
そこは別世界ナルニア。
かつて、偉大なライオン、アスランがつくった自由の国。
ところがそのナルニアは、
白い魔女によって永遠の冬に閉ざされていたのでした。

【もくじ】

1 ルーシィ、衣装だんすをあけてみる

2 ルーシィの知ったこと

3 エドマンドの番

4 プリン

5 ドアのこちらに、まいもどって

6 森のなか

7 ビーバー一家にもてなされる

8 ごはんのあとの一騒動

9 魔女のやかた

10 魔法のきずな、ゆるみだす

11 アスラン、近づく

12 ピーターの初陣

13 世のはじめからの魔法

14 魔女の勝利

15 世のはじまりより前からのもっと古い魔法

16 石像のむれ、よみがえる

17 白ジカ狩り

訳者あとがき
__________________

著者略歴
C.S.ルイス (1898‐1963)
アイルランドのベルファストに生まれる。
オックスフォード大学で学び、
1925年から54年まで同大学で英文学を講じた。
この間に、J.R.R.トールキンらと「インクリングス」
というサークルをつくり、作品を発表しあった。
54年、ケンブリッジ大学教授となる。
「ナルニア国物語」最終巻『さいごの戦い』で、
カーネギー賞を受賞
その他の主な著作に、『愛とアレゴリー』
『痛みの問題』『悪魔の手紙』、
自伝『喜びのおとずれ』などがある。

ポーリン・ベインズ (1922- )
イギリスのブライトンに生まれ、幼少時代をインドで過ごす。
のちにイギリスの美術学校で学ぶ。
挿画の仕事の1冊目はトールキン『農夫ジャイルズの冒険』。
トールキンの推薦を受け、
『ナルニア国物語』の挿画を手がけることになり、
これが代表作となった。
『西洋騎士道事典』の挿画で、
ケイト・グリーナウェイ賞を受賞。

瀬田貞二 (せた・ていじ 1916‐79)
東京生まれ。
東京帝国大学で国文学を専攻。
戦後、『児童百科事典』(全24巻)の企画編集をはじめ、
子どもの本の創作、翻訳、昔話の再話、
評論などで幅広く活躍した。
著書に『落穂ひろい』(毎日出版文化賞特別賞受賞)、
『絵本論』、訳書に、トールキン『ホビットの冒険』
『指輪物語』(日本翻訳文化賞受賞)、
絵本『三びきのやぎのがらがらどん』
『おおかみと七ひきのこやぎ』など。
創作に『お父さんのラッパばなし』、
絵本『かさじぞう』『ねずみじょうど』
など多数ある。

(本データは2006年3月3日第3刷発行されたものを掲載しています)

The Chronicles Of Narnia: Prince Caspian -- The Official Website

備忘録・・・次回のフォトリーディング(速読)予定
見城徹 編集者魂の戦士―別冊課外授業ようこそ先輩

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。